医薬品個人輸入サイト大手

 

オオサカ堂

ベストケンコー

ベストくすり



 これらの新型抗鬱薬は海外では以前から使われていたが、日本では、2年前に初めてSSRIが発売され、昨年からSNRIも登場した。
 ストレスケア日比谷クリニックの酒井和夫医師は、こう話す。
 「新型抗鬱薬の最大の特徴は、副作用が少ないこと。従来の三環系や四環系と呼ばれる抗鬱薬は、便秘や口の渇きなどの副作用が強く、人によっては副作用のストレスが、鬱を悪化させるのでは、というほどでした。SSRIやSNRIは、症状の軽い人や高齢者らも服用しやすく、その結果、高い効果が上がるのです」
 ナイトホスピタル住まいのPさんは、会社での問題だけでなく、これまでずっと会社人間で家庭を顧みなかったために妻や子供との関係が良くなく、家にいても心が休まらないという問題も抱えていた。そこでナイトホスピタルに入って抗鬱薬の服用を続けながら休息するとともに、「帰宅拒否症」などでホスピタルを利用している同世代の仲間と悩みを話し合うこともできた。その一方で、産業医も関与して会社と配転について話し合い、給料は下がるが子会社へ移れることになった。今までのような陣頭指揮をやめて、部下と協調しながら仕事をするように考えを変え、家族ともできるだけ話をするようにした。若いころやっていた詩吟サークルに入って楽しみを見いだすようになって、すっかり快復した。
 関谷医師は次のように話す。

 

未承認抗がん剤販売 岡山大助教授ら3人、薬事法違反容疑で逮捕

 中国で開発された未承認の漢方薬を抗がん剤としてインターネット上で広告し、国内で無許可販売したとして、岡山県警は17日、岡山市藤原西町2丁目、岡山大大学院医歯学総合研究科助教授のA容疑者(60)=社会環境生命科学=ら3人を薬事法違反(医薬品無許可販売など)の疑いで逮捕した。
 ほかに逮捕されたのは、同市高島新屋敷、医薬品輸入販売会社「ジェー・シー・ピー」代表取締役のB容疑者(56)と、B容疑者の長男で同社取締役のC容疑者(30)。
 調べでは、A助教授ら3人は00年4月から01年2月にかけて、インターネットのホームページ(HP)に、医薬品として承認を受けていないのに中国で開発された抗がん剤ヘプリピンの広告を6回にわたり掲載。同県倉敷市の男性(54)ら3人に対し、個人輸入代行に見せかけ、県知事の許可を受けずにヘプリピン約2900錠を、約106万円で販売した疑い。
 これまで全国25人に販売し、総額で計約488万円になるとみられる。
 調べに対し、A助教授は容疑を否認しているという。A助教授は朝日新聞の取材に対し、「薬は、牛の肝臓エキスを原料に中国の大連医科大と共同開発したもの。販売の内容は知らないが、患者個人に実費で配布していると聞いていた」と話していた。

アイドラッグストアー

アイドラッグ

アイドラック

アイドラッグストア

アイドラックストア

アイドラックストアー

オオサカ堂

大阪堂

ベストくすり

ベストケンコー

ケンコーコム

ドラッグストアー